初めて妊娠されたママのために妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報を満載していますので、生まれてくる赤ちゃんのために活用されてください

マタニティ・授乳服
ベビー服・ベビー用品
子ども服・子ども用品
内祝いギフト


妊娠中の食生活
妊娠初期の栄養と食事


★カルシウム、ビタミン、食物繊維を十分に

おなかの中の赤ちゃんはまだ小さいので、エネルギーはあまり増やさなくて大丈夫ですが、カルシウムなどのミネラル、ビタミン、食物繊維は十分必要です。特に、カルシウムは、赤ちゃんの骨形成や代謝に欠かせません。

非妊娠時より、初期で1.6倍(1g)多く必要です。また、骨形成に不可欠なビタミンDも非妊娠時より3倍多く必要です。妊娠中、日光に婦たることも、丈夫な骨をつくるために心がけたい点です。



★つわりのときの食事

嘔吐や吐き気のあるときは無理に食べることはなく、ただ水分は不足しないようにして、体調がよくなるまであせらずに過ごしましょう。

空腹時に吐き気が起きやすいので、すぐつまめるものを用意して、何か口に入れるようにしましょう。

ミニおにぎり、おイモ、サンドイッチ、ジャコ煮干、ゴマせんべい、おやつ昆布、プルーン、果物、梅干しアメなどはどうでしょうか。できれば、カルシウムや食物繊維、ビタミンのとれるものがよいですね。

つわりを軽くするためには、精神安定や、規則正しい生活リズムとともに、動物性タンパク質や甘いもの過多に注意し、野菜たっぷりの汁物、ぞうすいや酸味のあるものを適宜取り入れると良いでしょう。

妊娠すると腸の蠕動が弱くなるので、便秘しがち。便秘すると、頭痛がしたり気分が悪くなりやすいため、つわりのある妊娠初期は特に快便に心がけたいものです。食物繊維の多い食物をとること、朝、冷水を飲むこと、そして朝食後のトイレの習慣などに気をつけましょう。

また、逆に強い下痢は、流産の誘引になることもあるので、冷たいもの、生もの(刺身、江戸前鮨など)、腐りやすいものは特に注意してください。



★食の安全性にも注意しましょう

・農薬
できることなら低農薬、有機農法のものを。野菜、果物は旬の物、地元産を選ぶ
・食品添加物
表示をよく読み、無添加のもの、添加物の少ないものを買う、加工食品は、なるべく避ける
・輸入食品
なかには、防カビ剤、殺菌剤、放射能汚染、農薬汚染などが心配される食品もある。なるべく国産の安心な食品を。
・抗生物質、各種薬剤
卵や肉はできることなら良心的生産者が、安全性に留意して育てたものを入手する。
・合成洗剤
皮膚から浸透する合成洗剤より、安全な台所用石けんを使用する。

プレママのためのヘルシー講座
【妊娠中の食生活】
★妊娠中の食生活
★ここが知りたい妊娠中の食事の不安と疑問
★上手な体重コントロール
★体重コントロールのポイント
★妊娠初期の栄養と食事
★妊娠初期の理想メニュー
★つわりのときのさっぱり料理
【妊娠中期の栄養と食事】
★妊娠中期の栄養と食事
★妊娠中期の理想メニュー
★カルシウムたっぷり料理
★貧血を防ぐ料理
★便秘を防ぐ料理
【妊娠後期の栄養と食事】
★妊娠後期の栄養と食事
★妊娠後期の理想メニュー
★マタニティクッキング・塩分控えめ料理
★マタニティクッキング・手作りデザート
★便秘を防ぐ料理
【産後の栄養と食事】
★産後の栄養と食事
★夫も作れる簡単料理






結婚したら妊活前に知っておこう
【妊娠初期の過ごし方】
 妊娠1ヶ月
 妊娠2ヶ月
 妊娠3ヶ月
 妊娠4ヶ月
【妊娠中期の過ごし方】
 妊娠5ヶ月
 妊娠6ヶ月
 妊娠7ヶ月
【妊娠後期の過ごし方】
 妊娠8ヶ月
 妊娠9ヶ月
 妊娠10ヶ月
出産について
産後の赤ちゃんとママの1週間
お役立ち情報
病院にかかる費用
出産にかかる費用
入院生活に必要なもの
ベビー用品チェックリスト
赤ちゃんの名前について
赤ちゃんの体調チェックポイント
プレママのためのヘルシー講座
つわりを乗り切る五つのポイント
夫も知っておくべき妊婦の気持ちと状態
妊娠に関するQ&A
先輩ママの体験談
働く女性を保護する法律
妊娠・出産の用語解説
妊活ツール
排卵日・生理日計算機
妊娠週数計算機
全国の婦人科検索
バイオリズム
BMI計算機



Copyright (C)2015. 初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報! All rights reserved.