初めて妊娠されたママのために妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報を満載していますので、生まれてくる赤ちゃんのために活用されてください

マタニティ・授乳服
ベビー服・ベビー用品
子ども服・子ども用品
内祝いギフト


お役立ち情報
つわり関係についてのQ&A


Q10 つわりがひどく、何を食べても吐いてしまいます。こんなことでは、おなかの赤ちゃんが弱い子になってしまうのではないかと心配です。

A10 この時期の赤ちゃんはまだとても小さく、必要とする憂い用やカロリー量はごくわずかです。

どうしても必要な栄養は、お母さんの体にすでに蓄えられている栄養分からとっていきますから、赤ちゃんがうまく育たないのではないかと心配する必要はありません。

ただし、なかには、つわりの症状がひどくて、一日に何度も吐くために脱水症状になったり、食べものをほとんど受け付けないために栄養障害を起こして体が衰弱する人もいます。これを妊娠悪阻(にんしんおそ)といいます。

こうした状態が長引くと、赤ちゃんへの影響も出てきますので、あまりにつわりがひどい場合は、がまんしないで、医師に相談して治療を受けましょう。

治療は、通院ですむ場合もあれば、入院が必要な場合もあります。点滴による水分の補給また時には精神安定剤や制吐剤、ビタミンの栄養を投与することにより、たいていの人は回復します。







結婚したら妊活前に知っておこう
【妊娠初期の過ごし方】
 妊娠1ヶ月
 妊娠2ヶ月
 妊娠3ヶ月
 妊娠4ヶ月
【妊娠中期の過ごし方】
 妊娠5ヶ月
 妊娠6ヶ月
 妊娠7ヶ月
【妊娠後期の過ごし方】
 妊娠8ヶ月
 妊娠9ヶ月
 妊娠10ヶ月
出産について
産後の赤ちゃんとママの1週間
お役立ち情報
病院にかかる費用
出産にかかる費用
入院生活に必要なもの
ベビー用品チェックリスト
赤ちゃんの名前について
赤ちゃんの体調チェックポイント
プレママのためのヘルシー講座
つわりを乗り切る五つのポイント
夫も知っておくべき妊婦の気持ちと状態
妊娠に関するQ&A
先輩ママの体験談
働く女性を保護する法律
妊娠・出産の用語解説
妊活ツール
排卵日・生理日計算機
妊娠週数計算機
全国の婦人科検索
バイオリズム
BMI計算機



Copyright (C)2015. 初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報! All rights reserved.