初めて妊娠されたママのために妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報を満載していますので、生まれてくる赤ちゃんのために活用されてください

マタニティ・授乳服
ベビー服・ベビー用品
子ども服・子ども用品
内祝いギフト


【赤ちゃんの様子がおかしいとき】
熱が出た


赤ちゃんの病気では、発熱はつきものです。

急患の半数以上が発熱だということです。

しかし、大半は、医師の言によれば、「急を要しないもの」ばかりだとか。

そっと寝かせておけば、そのうち治ってしまうものがほとんどのようです。
ただ、すべてがほうっておいて良いとも言えないようです。

まず、熱いと感じたら体温を測ってみましょう。

母乳の場合は、おっぱいをくわえた口が熱いことで発熱に気づきますね。
また、抱いたとき、おむつをかえるときなどに、ふれた肌が妙に熱いと感じたときも、発熱の疑いがあります。

そして、午前中なのに、37度以上、午後で37.5度以上あるときは、一応発熱と考えておくと良いでしょう。

発熱と分かったら、次にお母さんがすることは、赤ちゃんの全体を見ることです。

その結果、元気も良く、顔つきや泣き方も異常なしとわかれば、あわてることはないようです。

赤ちゃんは部屋が暑いという理由だけで体温が上がるようです。

室温が高すぎるようなら、涼しくしてみるのも一法です。

おっぱいを飲んだ後や、大泣きした後も、体温が上がります。

こんなとき、あわてるお母さんもいるようです。

いまは微熱でも、午後や夜になって高熱になることもあります。

が、午前中の微熱がある時点で、赤ちゃんが元気であれば、午後急変して手遅れになることはまずないということです。

こんなときは、午後と夜、熱をはかったり、その後の様子を観察し、全身症状が悪くなれば、医師に見せる必要がありますが、夜に熱が高くなる程度なら、解熱用の坐薬を使って切り抜けておいて、翌朝お医者さんに診ていただけば良いでしょう。

もちろん、夜中でも、急にグッタリするとか、顔つきがおかしくなるなど、重い全身症状がはっきり出たときは、病院へ急がなければなりませんよ。





赤ちゃんの体調チェックポイント
【赤ちゃんの体調チェックポイント】
★赤ちゃんの全体の様子はどうですか。
★赤ちゃんの泣き声・泣き方
★赤ちゃんの顔つき
【赤ちゃんの様子がおかしいとき】
★熱が出た
★ひきつけた
★泣きやまない
★下痢をした
★血便が出た
★吐いた
★発疹が出た
★呼吸が苦しそう
【ちょっと気にかかる症状】
★せきが出た
★ゼロゼロ言う
★くしゃみ・鼻水
★鼻息が荒い
★しゃっくり
★乳を飲まない
★食べない
★便  秘
★顔色が悪い
★皮膚が黄色い
★目やに・耳だれ
★むくみ・手足が冷たい
★髪が抜ける・おへそがジクジク・出べそ
★おむつが赤くなる
★おしっこが多い・少ない
★眠らない
★いきむ・おなら
★体重がふえない・身長が伸びない
★発達の心配


結婚したら妊活前に知っておこう
【妊娠初期の過ごし方】
 妊娠1ヶ月
 妊娠2ヶ月
 妊娠3ヶ月
 妊娠4ヶ月
【妊娠中期の過ごし方】
 妊娠5ヶ月
 妊娠6ヶ月
 妊娠7ヶ月
【妊娠後期の過ごし方】
 妊娠8ヶ月
 妊娠9ヶ月
 妊娠10ヶ月
出産について
産後の赤ちゃんとママの1週間
お役立ち情報
病院にかかる費用
出産にかかる費用
入院生活に必要なもの
ベビー用品チェックリスト
赤ちゃんの名前について
赤ちゃんの体調チェックポイント
プレママのためのヘルシー講座
つわりを乗り切る五つのポイント
夫も知っておくべき妊婦の気持ちと状態
妊娠に関するQ&A
先輩ママの体験談
働く女性を保護する法律
妊娠・出産の用語解説
妊活ツール
排卵日・生理日計算機
妊娠週数計算機
全国の婦人科検索
バイオリズム
BMI計算機



Copyright (C)2015. 初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報! All rights reserved.