初めて妊娠されたママのために妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報を満載していますので、生まれてくる赤ちゃんのために活用されてください

マタニティ・授乳服
ベビー服・ベビー用品
子ども服・子ども用品
内祝いギフト


【赤ちゃんの様子がおかしいとき】
下痢をした


下痢のとらえ方は、お母さんによっていろいろあるようです。

日に1〜2回、いつもよりゆるい便が出ただけでも、病院へ飛んでいくお母さんがいる一方、かなり全身状態が悪いのに、うちの子のゆるいのは特色だからと、のんびり構えているお母さんもいるようです。

下痢のとらえ方はむずかしいですね。



まず、生後間もない頃、おっぱいを与えるたびに、ピッピッと出てしまう水っぽいうんち、これがお母さんの心配のタネになりやすいのですが、こんな水っぽいうんちをたびたびしても、体重が増え、食欲もあり、特にぐったりした様子がないなら心配ないようです。

これは、赤ちゃんが未熟ゆえに起こる現象のようです。

多くは、1〜2ヶ月後にはおさまっていくはずです。

次が、緑色の便、緑便は消化不良便と、大変心配されるお母さんがいるようですが、緑便でも、日に数回以内で、元気が良くて食欲もあり、体重も順調に増えているなら心配ないようです。

最近のミルクは、ずいぶん母乳に近い組成ですので、母乳栄養の子と同じようにかなり緑っぽいうんちをするみたいです。

もう一つの心配は、便の中にまじっている白いブツブツ。

これを顆粒と言うようですが、これは乳汁の中の脂肪が酸化されて脂肪酸になり、これがカルシウムやマグネシウムと結合してできたいわば石けんのようなものだそうです。

腸内がアルカリ性に傾いているときほど、できやすいものですが、これがあるから消化不良便だとは言えません。

極端に多くないなら心配はないようです。

初めかたく、あとやわらかい便や、午前中の便はかたかったのに、午後のはゆるいなどという場合もほとんど心配はないもの。

便は大腸に長くとどまるほど水分を吸い取られてかたくなるということです。
ですから、一晩中、大腸の中にあった便は、午前中に出てきたとしても、水分をかなりとられてかたいですが、その後、比較的短時間後に出てきた便は、大腸の滞在時間が短いので、ややゆるいというわけです。

それでは、どういう場合に、お医者さんへ行かなければならないのか。

一応の目安として、
@ 便の中に何かが多く交じっていたり、濃い緑色や白色便である場合
A 便の回数がいつもよりぐっと多い場合
B きげんも悪くて、泣きっぽい
C 食欲が落ちているような場合

さらに、これらに嘔吐や発熱が伴う場合には、急いで病院へ行ったほうが良いでしょう。





赤ちゃんの体調チェックポイント
【赤ちゃんの体調チェックポイント】
★赤ちゃんの全体の様子はどうですか。
★赤ちゃんの泣き声・泣き方
★赤ちゃんの顔つき
【赤ちゃんの様子がおかしいとき】
★熱が出た
★ひきつけた
★泣きやまない
★下痢をした
★血便が出た
★吐いた
★発疹が出た
★呼吸が苦しそう
【ちょっと気にかかる症状】
★せきが出た
★ゼロゼロ言う
★くしゃみ・鼻水
★鼻息が荒い
★しゃっくり
★乳を飲まない
★食べない
★便  秘
★顔色が悪い
★皮膚が黄色い
★目やに・耳だれ
★むくみ・手足が冷たい
★髪が抜ける・おへそがジクジク・出べそ
★おむつが赤くなる
★おしっこが多い・少ない
★眠らない
★いきむ・おなら
★体重がふえない・身長が伸びない
★発達の心配


結婚したら妊活前に知っておこう
【妊娠初期の過ごし方】
 妊娠1ヶ月
 妊娠2ヶ月
 妊娠3ヶ月
 妊娠4ヶ月
【妊娠中期の過ごし方】
 妊娠5ヶ月
 妊娠6ヶ月
 妊娠7ヶ月
【妊娠後期の過ごし方】
 妊娠8ヶ月
 妊娠9ヶ月
 妊娠10ヶ月
出産について
産後の赤ちゃんとママの1週間
お役立ち情報
病院にかかる費用
出産にかかる費用
入院生活に必要なもの
ベビー用品チェックリスト
赤ちゃんの名前について
赤ちゃんの体調チェックポイント
プレママのためのヘルシー講座
つわりを乗り切る五つのポイント
夫も知っておくべき妊婦の気持ちと状態
妊娠に関するQ&A
先輩ママの体験談
働く女性を保護する法律
妊娠・出産の用語解説
妊活ツール
排卵日・生理日計算機
妊娠週数計算機
全国の婦人科検索
バイオリズム
BMI計算機



Copyright (C)2015. 初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報! All rights reserved.