初めて妊娠されたママのために妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報を満載していますので、生まれてくる赤ちゃんのために活用されてください

マタニティ・授乳服
ベビー服・ベビー用品
子ども服・子ども用品
内祝いギフト


【夫も知っておくべき妊婦の気持ちや状態】
パパにしかできない育児


育児でママには敵わない、そう思うパパも多いかもしれません。しかし、パパにしかできない育児があるのです。

★パパにしかできない遊び

パパにしかできない遊び、それは身体を使ったダイナミックな遊びです。
育児は、いわば体力勝負なところがあります。子供が喜ぶ身体を使った遊びは、ママよりもパパのほうが得意ではないですか。

お馬さんごっこや肩車、高い高いや飛行機ごっこなど、パパの力の見せ所ですよ。
子供はいつものママとの遊びとは違った身体を使った遊びに、大喜びするはずです。

育児をするうえで忘れてはいけないのが、ママにとって子育ての1番のパートナーはパパであるということです。
パパが自分にできること、自分にしかできないことをママと一緒に楽しみながらで育児をしてくださいね。



★買い物をしてくる

育児中は、オムツやミルクなどがたびたび必要になり、買い足しにいかなければなりません。

赤ちゃんを連れての買い物は、お昼寝や授乳時間などを考えなければならないし、思った以上に大変です。
更に、赤ちゃんを連れておむつなどの大きな荷物を買って帰るのは重いしかなりキツいです。

仕事帰りにオムツやミルクなどを買ってくるということも、育児でパパができることの1つです。買うときは種類やサイズをきちんと確認してから買ってきましょう。

重い買い物をしてきてくれると、本当に助かるのです。
ママがご飯を作るのが大変そうな時は、ついでにお弁当などを買ってきてあげると喜ばれます。



★家事を分担する

家事と育児は関係ないのでは、と思うパパもいるかもしれません。
しかし、実は家事の分担も育児において大切な仕事なのです。ママは、泣いている赤ちゃんに授乳したり、夜中もあやしたりと日中は疲れて思うように家事ができないことが多いのです。

パパが自分でできる範囲でいいので、家事の分担をしてくれるだけで、ママは赤ちゃんのお世話に集中できます。とても育児に役立っている仕事だと思いませんか。自分の脱いだ洗濯物や食べ終わった食器など、自分のことは自分でする。

お風呂掃除やゴミ出し、布団を干したり洗濯物を畳んでくれることが、どんなに育児において助かるか、おわかりでしょうか。
家事を分担するということは、育児の重要な役割を担っているのです。


★夜中の寝かしつけ

生後半年くらいになると、夜泣きがひどくなることがあります。ママは24時間寝不足状態が続いているので、イライラが溜まってしまいます。

こんな時、パパが赤ちゃんを夜中のドライブに連れだしてくれると、赤ちゃんにとってもママにとっても助かります。赤ちゃんはドライブしているとぐっすり眠ってしまうことが多いので、安全運転しながらしばらく寝かせておきましょう。

その間にママは少しでも熟睡することができ、また育児を頑張る力がわいてくるのです。夜中も2、3時間おきに授乳するママを休ませてあげることも、パパにできる育児なのです。

寝かしつけた赤ちゃんは、そっとチャイルドシートからおろして布団に運びましょう。うまくいけばそのままぐっすり寝てくれます。


★おむつ替えをする

おむつ替えは、最初は手間取るかもしれませんが慣れると簡単に替えることができます。
赤ちゃんが泣いていたら、率先しておむつが濡れていないか確認しましょう。おむつ替えは、パパができる育児の1つです。しかし、ママに言われるまで自分から確認しに行くパパは少ないようです。
おむつ替えはパパがやる育児だと考えて、泣いたらすぐ確認して替えるようにしましょう。
今のおむつは機能性が高いので、どんどんおしっこを吸収するため放っておいたらパンパンになって赤ちゃんが動きづらくなりますよ。


★離乳食を食べさせる

離乳食がはじまると、ママは離乳食を用意したり一口ずつ食べさせたりと、なかなかご飯を食べる時間がとれません。ゆっくり食べている暇がないのです。

パパは、離乳食作りの手伝いができなかったとしても、急いで自分の食事を済ませ、ママにかわって離乳食を食べさせてください。
ママと交代して離乳食をあげれば、その間ママもしっかりご飯を食べることができます。

離乳食は、子供とじっくり関われる時間なので、できるだけパパも離乳食を食べさせるときに参加するようにしましょう。
ママも、パパが見ていてくれるだけで少し落ち着いて食事の時間がとれるので軽くリフレッシュになります。



パパだからこそできる育児、パパにしかできない育児があります。パパならではの遊びをしたり、重い買い物をしてきたりと、できることはたくさんあります。

もちろんママをサポートすることも大切な育児です。
ママの話をじっくりと聞いてあげることも大切なパパの仕事です。ママから育児での悩みや相談があったら、しっかりと耳をかたむけて聞いてあげましょう。

ママは聞いてもらいたいだけ、聞いてもらってすっきりする、ということがよくあるので、変にアドバイスや助言をするとよくないこともあります。まずは「うん、うん」と黙って聞いてあげて下さいね。
お互い協力しながら子育てをしていくことが大切ですよ。



夫も知っておくべき妊婦の気持ちや状態
【妊娠中の妻のイライラ】
★夫が知りたい妻の妊娠中のイライラの理由
★妻は妊娠中に、なぜ夫にイライラするのか
【夫が知りたい「つわり」の知識】
★夫が知りたい妊娠中の吐き気の原因
★夫にできる「つわり」の症状別対応
★夫に知っておいてほしい妊婦の「つわり」の知識
【夫も知っておきたい妊娠の兆候】
★夫に知ってもらいたい妊娠前の8つの症状
★夫が知りたい妊娠6ヶ月の不快な症状
【妊娠中に夫ができることとすべきこと】
★夫も知っておきたい出産前にすること
★妻の出産前に夫が絶対やっておくべこと
★夫はストレスでイライラする妊婦に何ができるか
★パパにしかできない育児
【夫が知りたいお腹の赤ちゃん】
★夫が知りたいお腹の中の赤ちゃんの胎動
★夫が知りたい妊婦さんの臨月のお腹について






結婚したら妊活前に知っておこう
【妊娠初期の過ごし方】
 妊娠1ヶ月
 妊娠2ヶ月
 妊娠3ヶ月
 妊娠4ヶ月
【妊娠中期の過ごし方】
 妊娠5ヶ月
 妊娠6ヶ月
 妊娠7ヶ月
【妊娠後期の過ごし方】
 妊娠8ヶ月
 妊娠9ヶ月
 妊娠10ヶ月
出産について
産後の赤ちゃんとママの1週間
お役立ち情報
病院にかかる費用
出産にかかる費用
入院生活に必要なもの
ベビー用品チェックリスト
赤ちゃんの名前について
赤ちゃんの体調チェックポイント
プレママのためのヘルシー講座
つわりを乗り切る五つのポイント
夫も知っておくべき妊婦の気持ちと状態
妊娠に関するQ&A
先輩ママの体験談
働く女性を保護する法律
妊娠・出産の用語解説
妊活ツール
排卵日・生理日計算機
妊娠週数計算機
全国の婦人科検索
バイオリズム
BMI計算機



Copyright (C)2015. 初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報! All rights reserved.