初めて妊娠されたママのために妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報を満載していますので、生まれてくる赤ちゃんのために活用されてください

マタニティ・授乳服
ベビー服・ベビー用品
子ども服・子ども用品
内祝いギフト


【夫も知っておくべき妊婦の気持ちや状態】
夫に知っておいてほしい妊婦の「つわり」の知識


妊娠と同時に始まる妊婦の「つわり」。旦那として奥さんを支えるためにしっかりと知識を身につけておきましょう。

★つわりのはじまり

つわりは、早い人なら妊娠確定前からはじまることもあります。風邪ではないのに吐き気が続き、妊娠に気づいた人もいるほど、かなり初期から吐きつわりが始まることもあります。

多くは風邪ぎみで熱っぽい、身体がだるい、胃がむかむかするといった妊娠初期症状からそのまま「つわり」の症状である吐き気、食欲不振、食べつわりなどがはじまっていきます。

だいたい妊娠4週から5週の間にはじまることが多いですが、妊娠中期に入ってから急に始まる場合もあります。

いつ終わるかは人それぞれで、多くは16週から17週には終わるとされていますが、一概にこのくらいで終わるとは言えないのです。続く人は、出産を終えるまでつわりがあります。

しっかりと奥さんを支えながら、「つわり」の時期を一緒に乗り越えましょう。



★つわりは気持ちの問題ではない

つわりは、精神的な弱さや気持ちの問題ではありません。吐き気や気分の悪さは、気の持ちようでは治りません。年配の人の中には、いまだに「つわりは甘えだ」と考える人もいたりしますが、今はそういう風に考える風潮はなくなっています。

つわりはホルモンバランスの変化や妊娠による身体の変化からおこるもので、妊婦さんにはどうしようもないのです。ただひたすら不快な症状がおさまるのを待ちながら、お腹の赤ちゃんを守っているということを忘れないでくださいね。

しかし、気分転換をしたり、楽しみをみつけたりすることによって少しは症状が軽減する場合もあります。旦那さんは、奥さんのつわりが少しでもマシになるように手助けしてあげましょう。

「がんばれ」と言われてもがんばれないのがつわりです。応援するなら、食事をつくる、マッサージをする、など具体的な手伝いをすることが一番です。



★食べつわりの症状

食べつわりは、つわりの中では比較的身体への負担は少ないほうでしょう。「食べつわり」というのは、食事がとれないのではなく、口に何か入れていないと胃がむかむかするといった症状のことです。

たまに間違われるのが、何か食べて吐き気やむかむかを抑えようとする「吐きつわり」の症状です。

食べつわりは、食べていれば胃が楽になるのですが、お腹が空くと気持ち悪くなるので、ちょこちょこ間食をするようになります。

食べている時は楽になるのですが、食べ終わったときに急に気分が悪くなる妊婦さんもいます。

ちょこちょこ食べるので体重も気になりますし、嗜好の変化によって食べるものに偏りが出ることが多いです。

しかし、つわりの時期の栄養の偏りはそこまで気にしなくても大丈夫です。しんどい時は食べれるものを少しでも食べたほうが精神的にも身体にも良いのです。

旦那さんは、胃が空の状態にならないように小さなゼリーや飴などを用意してあげると喜ばれます。

妊娠中は、歯が弱くなりますので気分もすっきりするキシリトールのガムもおすすめですよ。


★吐きつわりの症状

つわりの代表格といえば、吐きつわりです。とにかく胃がむかむかして、吐き気の症状がでます。軽い人なら、吐き気程度ですみますが、ひどくなると何を食べても吐き、水を飲んでも吐いてしまう妊婦さんもいます。

吐きつわりが続くと、栄養もとれず体力も低下してしまうので、病院で点滴をうけるか入院になることもあります。

数日何も食べていない、体重が3キロ以上減った、水も受けつけない、1日に何度も吐く、トイレの回数が極端に少ないといった時には、すぐに病院へ連れていきましょう。

吐き気はつわりが治まるまではどうにもできないので、せめて旦那さんは、奥さんが少しでも食べれそうなものを用意してあげましょう。

妊娠すると嗜好も変わりますし、その時食べれそうだと思っても、いざ口にすると全く受け付けないことも多くあります。
その都度奥さんの要望を聞いて、出来る限りのサポートをしてあげましょう。

つわり中でも比較的、ゼリーや果物なら食べられる妊婦さんは多いです。
吐きつわりは、匂いつわりと同時に起こることも多いので、できるだけ奥さんの嫌がる匂い、吐き気を誘発する匂いは避けるようにして下さい。

居酒屋の匂いや煙草、香水の匂いも気をつけてくださいね。

「吐きつわり」とは、具体的に言うと車酔いのひどい状態が24時間、いつ治まるかわからないまま続いている状態と同じです。
自分でできる家事は自分でこなし、ただひたすら奥さんを休ませてあげましょう。


★つわりのおわり

つわりの終わる時期は、人によってかなり違います。15週くらいには終わる人もいれば出産まで続く人もいます。症状が軽い人ほど早く終わる傾向があり、重い人ほどだらだらと不快な症状が続きがちです。

終わり方もさまざまで、突然つわりが治まりすっきりする人もいれば、徐々に症状が軽くなり治まっていく人もいます。

よくあるのが、つわりが終わったと喜んでいたら、数日たってからまたつわりが始まりだすケースです。

初期につわりがあり、軽く済んだと思っていたら中期や後期にひどいつわりが始まる場合もあります。

奥さんのつわりが終わったと思って無理をさせると、体力が減っているのでまた体調を崩すことがあるので、つわりが終わっても出産までしっかりサポートしましょう。



夫も知っておくべき妊婦の気持ちや状態
【妊娠中の妻のイライラ】
★夫が知りたい妻の妊娠中のイライラの理由
★妻は妊娠中に、なぜ夫にイライラするのか
【夫が知りたい「つわり」の知識】
★夫が知りたい妊娠中の吐き気の原因
★夫にできる「つわり」の症状別対応
★夫に知っておいてほしい妊婦の「つわり」の知識
【夫も知っておきたい妊娠の兆候】
★夫に知ってもらいたい妊娠前の8つの症状
★夫が知りたい妊娠6ヶ月の不快な症状
【妊娠中に夫ができることとすべきこと】
★夫も知っておきたい出産前にすること
★妻の出産前に夫が絶対やっておくべこと
★夫はストレスでイライラする妊婦に何ができるか
★パパにしかできない育児
【夫が知りたいお腹の赤ちゃん】
★夫が知りたいお腹の中の赤ちゃんの胎動
★夫が知りたい妊婦さんの臨月のお腹について






結婚したら妊活前に知っておこう
【妊娠初期の過ごし方】
 妊娠1ヶ月
 妊娠2ヶ月
 妊娠3ヶ月
 妊娠4ヶ月
【妊娠中期の過ごし方】
 妊娠5ヶ月
 妊娠6ヶ月
 妊娠7ヶ月
【妊娠後期の過ごし方】
 妊娠8ヶ月
 妊娠9ヶ月
 妊娠10ヶ月
出産について
産後の赤ちゃんとママの1週間
お役立ち情報
病院にかかる費用
出産にかかる費用
入院生活に必要なもの
ベビー用品チェックリスト
赤ちゃんの名前について
赤ちゃんの体調チェックポイント
プレママのためのヘルシー講座
つわりを乗り切る五つのポイント
夫も知っておくべき妊婦の気持ちと状態
妊娠に関するQ&A
先輩ママの体験談
働く女性を保護する法律
妊娠・出産の用語解説
妊活ツール
排卵日・生理日計算機
妊娠週数計算機
全国の婦人科検索
バイオリズム
BMI計算機



Copyright (C)2015. 初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報! All rights reserved.