初めて妊娠されたママのために妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報を満載していますので、生まれてくる赤ちゃんのために活用されてください

マタニティ・授乳服
ベビー服・ベビー用品
子ども服・子ども用品
内祝いギフト


【夫も知っておくべき妊婦の気持ちや状態】
夫も知っておきたい出産前にすること


夫にも知っておいてほしい、出産前にすることです。しっかり計画をたてて準備しておきましょう。



★ベビー用品を揃えておく

出産してからすぐに必要となるベビー用品を揃えておきましょう。

(必ず必要なものリスト)
・肌着(短肌着、長肌着、コンビ肌着等、5?6枚程度)
・おむつ(買いすぎないこと★すぐにサイズがかわります)
・チャイルドシート(退院時に車を使う予定であれば必ず必要です)
・ガーゼ(5枚から10枚程度★お風呂であかちゃんが安心するようにお腹におく、身体を拭く、よだれを拭く等、かなりよく使います)
・ベビーバス(退院した翌日から1ヶ月程度の使用のため、空気を入れるタイプのものが便利)
・ベビー用爪きり(忘れがちですが、出産後すぐに必要になります。赤ちゃんの爪は小さく、伸びるのも早いため、安全なベビー用の爪きりは必要です。大人用で代用がききません)

(必要があれば買うものリスト)
・ベビーベッド
・抱っこ紐(一番付けていて楽なのはベビービョルンの抱っこ紐★重さを腰に分散してくれます)
・ベビー布団
・哺乳瓶(ミルクでと決めている妊婦さんは最初から購入しておくのが良いですが、母乳で育てたい方は、おっぱいの出具合をみてからの購入で遅くはありません)
・ベビーカー(新生児をそうそう連れ歩くことはありませんので、急いで購入する必要はありません)
・おくるみ(冬生まれの赤ちゃんは、退院時に外気にさらさないようにするために1つあれば便利です)
・ベビードレス(退院時に着せたい場合購入しておくと良いです。すぐにサイズが変わるので1、2回程度しか着せる機会はないかもしれません)

出産前にチェックリストを用意して奥さんと相談しながら揃えておくと、ぎりぎりになって焦ることがなくなります。旦那さんがすすんで準備に協力してくれると、お腹の大きくなった妊婦さんはとても助かりますよ。
赤ちゃん仕様の部屋にしておく

出産前に、必ず赤ちゃん仕様の部屋にしておく必要があります。
まず、小さい子供の手が届くところに触って危ないなものや、壊れるものを置かないようにしましょう。
ある程度の高さなら、つかまり立ちができるようになった赤ちゃんは手が届きます。
誤飲しそうな小さなものや薬等は、絶対に手の届かないところにしまいましょう。

高いところに物を置いている場合は、地震があった時などに赤ちゃんに落ちてきては危険なので、安全な場所へしまいましょう。

テレビ台の角やテーブルの角がとがっている場合は、赤ちゃん用のコーナーガードを取りつけておきましょう。ベビー用品の店や、100均でも購入できます。はいはいが始まると、あかちゃんはよく頭をぶつけるので危険です。

あかちゃんがこけても痛くない、床に敷くジョイントマットもあれば便利です。マンション等で赤ちゃんの遊ぶ音が下の階に響くのが心配な方も、マットがあれば安心できます。インテリアに合うシンプルなものから、可愛い柄やキャラクターがついたものまで、豊富に売られていますよ。

余力があればエアコンを掃除したり、部屋の隅々のほこりまで綺麗にしておくと、産後の赤ちゃんとの生活がスムーズに始められます。

お腹の大きい妊婦さんに、エアコン掃除や部屋のレイアウトを変えるのはキツいので、ぜひ旦那さんが手伝ってあげてくださいね。

新生児は、まだまだつかまり立ちなどはしないですが、小さな赤ちゃんがいて部屋の仕様を変えるのはかなり大変なので、自由に動ける出産前に済ませておくことがベストです。



★産後にそなえて自分のことをする

・美容室に行く
産んでからはなかなか行けなくなるので、髪を切っておくと良いです。育児中は髪の手入れもなかなか行き届かない上に、邪魔になるので出産前に短くしてしまう人も多いのです。お腹が大きくなると無理はできないので、行けそうな時に早めに行っておきましょう。結べる長さか、短めのボブにしておくと楽です。

・二人の時間を大切にしておく
赤ちゃんが生まれると、夫婦二人の時間はなかなかとれなくなります。出産後に忙しくなる前に、ゆっくり二人の時間を大切にしておきましょう。レストランや映画など、今しかできないことをしておきましょう。映画は長時間座るので、行くときは体調に気をつけてくださいね。
・出産時の自分の荷物をまとめておく
産院で用意するように言われているリストを、全部まとめてバッグに入れておきましょう。うっかりしやすいのが、退院時に着て帰る服です。出産したのだから、妊娠前のパンツやスカートが入るだろうと思っていると大間違いです!骨盤が戻るまでは、1ヶ月近くかかるので、ゆったりした服を持っていかないと着ることができません。気をつけましょう。
旦那さんは、奥さんの陣痛が始まったらどの荷物が必要なのか、しっかり確認しておいて下さいね。



出産準備は、旦那さんの協力が必要です。ベビーグッズ選びや部屋のレイアウトの変更など、進んでやるようにしましょう。

どのグッズが人気か、安全性が高いのか等を詳しく下調べしてあげるのも、喜ばれますよ。

奥さんが出産に集中できるように、余裕をもって準備をすませておきましょうね。



夫も知っておくべき妊婦の気持ちや状態
【妊娠中の妻のイライラ】
★夫が知りたい妻の妊娠中のイライラの理由
★妻は妊娠中に、なぜ夫にイライラするのか
【夫が知りたい「つわり」の知識】
★夫が知りたい妊娠中の吐き気の原因
★夫にできる「つわり」の症状別対応
★夫に知っておいてほしい妊婦の「つわり」の知識
【夫も知っておきたい妊娠の兆候】
★夫に知ってもらいたい妊娠前の8つの症状
★夫が知りたい妊娠6ヶ月の不快な症状
【妊娠中に夫ができることとすべきこと】
★夫も知っておきたい出産前にすること
★妻の出産前に夫が絶対やっておくべこと
★夫はストレスでイライラする妊婦に何ができるか
★パパにしかできない育児
【夫が知りたいお腹の赤ちゃん】
★夫が知りたいお腹の中の赤ちゃんの胎動
★夫が知りたい妊婦さんの臨月のお腹について






結婚したら妊活前に知っておこう
【妊娠初期の過ごし方】
 妊娠1ヶ月
 妊娠2ヶ月
 妊娠3ヶ月
 妊娠4ヶ月
【妊娠中期の過ごし方】
 妊娠5ヶ月
 妊娠6ヶ月
 妊娠7ヶ月
【妊娠後期の過ごし方】
 妊娠8ヶ月
 妊娠9ヶ月
 妊娠10ヶ月
出産について
産後の赤ちゃんとママの1週間
お役立ち情報
病院にかかる費用
出産にかかる費用
入院生活に必要なもの
ベビー用品チェックリスト
赤ちゃんの名前について
赤ちゃんの体調チェックポイント
プレママのためのヘルシー講座
つわりを乗り切る五つのポイント
夫も知っておくべき妊婦の気持ちと状態
妊娠に関するQ&A
先輩ママの体験談
働く女性を保護する法律
妊娠・出産の用語解説
妊活ツール
排卵日・生理日計算機
妊娠週数計算機
全国の婦人科検索
バイオリズム
BMI計算機



Copyright (C)2015. 初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報! All rights reserved.