初めて妊娠されたママのために妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報を満載していますので、生まれてくる赤ちゃんのために活用されてください

マタニティ・授乳服
ベビー服・ベビー用品
子ども服・子ども用品
内祝いギフト


【妊娠・出産の用語辞典】
高年出産(高齢出産)


一般に高齢出産という言葉を聞きますが、産婦人科の用語としては、高年出産といい、なかでも、初産の場合を高年初産といいます。

では、高年とはいくつからなのでしょうか。依然は、日本では産婦人科が会で満30歳以上とされていましたが、現在は、WHOや諸外国の規定と同じく満35歳以上とされています。



最近は女性の社会進出にともない、30歳以上の初産も増えており、以前ほど高年出産に対して神経質でなくなってきています。

データ的には、高年出産の場合、ダウン症の発生率や、2500g以下の低体重児で生まれる率が20歳代の出産に比べてやや多いということはあります。また、妊娠中毒症や合併症にかかりやすいということもあります。分娩に際しても高年初産の場合、産道がかたくて時間がかかったり、帝王切開が必要になることが多いともいわれています。

このように、高年出産のマイナス点はありますが、あくまで確率上のことで、多くの妊婦さんはなんの問題もなく出産していることも事実です。

マイナス点を知ったうえで、異常を起こさないように妊娠中の健康管理をし、もし異常が起きたら、医師の指示をよく守って無理をしないようにする、という心がけが大切です。

なお、高齢出産の場合、産んでからの育児が負担になるケースもあります。まだ自分の体が十分回復していないうちに赤ちゃんの世話をすることは、体力的にきついことです。

特に、夜中の授乳による睡眠不足は若い人でもこたえるものです。ですから、負担を感じたときには夫なりおばあちゃんなり、だれかに手助けしてもらうようにして、無理をしないようにすることが大切です。









結婚したら妊活前に知っておこう
【妊娠初期の過ごし方】
 妊娠1ヶ月
 妊娠2ヶ月
 妊娠3ヶ月
 妊娠4ヶ月
【妊娠中期の過ごし方】
 妊娠5ヶ月
 妊娠6ヶ月
 妊娠7ヶ月
【妊娠後期の過ごし方】
 妊娠8ヶ月
 妊娠9ヶ月
 妊娠10ヶ月
出産について
産後の赤ちゃんとママの1週間
お役立ち情報
病院にかかる費用
出産にかかる費用
入院生活に必要なもの
ベビー用品チェックリスト
赤ちゃんの名前について
プレママのためのヘルシー講座
妊娠に関するQ&A
先輩ママの体験談
赤ちゃんの体調チェックポイント
夫も知っておくべき妊婦の気持ちや状態
働く女性を保護する法律
妊娠・出産の用語解説



Copyright (C)2015. 初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報! All rights reserved.