初めて妊娠されたママのために妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報を満載していますので、生まれてくる赤ちゃんのために活用されてください

マタニティ・授乳服
ベビー服・ベビー用品
子ども服・子ども用品
内祝いギフト


【女性の体と妊娠のしくみ】
胎盤が形成され、赤ちゃんに栄養を送る


受精後、11〜12日くらいたつと、原始絨毛が子宮内膜にしっかりと根を張り、内膜のほうも脱落膜に変化し、やがてそれはいっしょになって円盤状の胎盤をつくっていきます。



胎盤は妊娠15〜16週ごろひととおり完成し、その後赤ちゃんの成長と共に大きくなって妊娠末期には直径15〜20センチ、重さ500グラムほどになります。

胎盤はおなかの赤ちゃんの呼吸・栄養摂取・排泄などの大事な働きをします。また各種ホルモンを分泌して赤ちゃんの成長を促します。

この胎盤と赤ちゃんとを結ぶひもが臍帯(へその緒)です。中には動脈と静脈が通っていて、栄養や酸素を赤ちゃんに送ったり、逆に老廃物や炭酸ガスを母体のほうへ返します。

なお、赤ちゃんは羊水(ようすい)は妊娠16週ごろは約100〜200ミリリットルですが、だんだん増えて、35週以後は少しずつ減少します。

赤ちゃんはこの羊水の中で自由に浮遊し、羊水を飲んだり、尿をその中に排泄したりします。

羊水は外部からの衝撃に対してクッションの役割もします。







結婚したら妊活前に知っておこう
【妊娠初期の過ごし方】
 妊娠1ヶ月
 妊娠2ヶ月
 妊娠3ヶ月
 妊娠4ヶ月
【妊娠中期の過ごし方】
 妊娠5ヶ月
 妊娠6ヶ月
 妊娠7ヶ月
【妊娠後期の過ごし方】
 妊娠8ヶ月
 妊娠9ヶ月
 妊娠10ヶ月
出産について
産後の赤ちゃんとママの1週間
お役立ち情報
病院にかかる費用
出産にかかる費用
入院生活に必要なもの
ベビー用品チェックリスト
赤ちゃんの名前について
赤ちゃんの体調チェックポイント
プレママのためのヘルシー講座
つわりを乗り切る五つのポイント
夫も知っておくべき妊婦の気持ちと状態
妊娠に関するQ&A
先輩ママの体験談
働く女性を保護する法律
妊娠・出産の用語解説
妊活ツール
排卵日・生理日計算機
妊娠週数計算機
全国の婦人科検索
バイオリズム
BMI計算機



Copyright (C)2015. 初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報! All rights reserved.