初めて妊娠されたママのために妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報を満載していますので、生まれてくる赤ちゃんのために活用されてください

マタニティ・授乳服
ベビー服・ベビー用品
子ども服・子ども用品
内祝いギフト


【妊娠2か月(4〜7週間)】
妊娠の兆候


妊娠したかどうかは、できるだけ早く確認したいものです。
妊娠の兆候を早くキャッチして、速やかに産婦人科の診察を受ける、これが、すかこやかな妊娠と出産のための第一歩です。



★月経が止まる

予定日が来ても月経巣が始まらないことから妊娠に気づく人が多いようです。月経周期が正確な人は、月経が1週間以上遅れたら妊娠と考えて間違いないでしょう。
しかし妊娠以外でも、環境の変化やなんらかの精神的ショックで月経が遅れたり無月経になることがあります。


★つわりが始まる

早い人だと月経が少し遅れているなと思う頃に、胸がむかついたりはいたりする「つわり」の症状があらわれます。
ふつう吐き気が主ですが、食べ物の好みが変わったり、食べ物のにおいが気になったり、生唾が出たりということもあります。
つわりを感じる人は60パーセントぐらいだそうです。


★基礎体温の変化

妊娠すると月経予定日になっても基礎体温が下がらず、高温期が続きます。この状態が3週間以上も続いてなお月経が始まらなければ、まず妊娠が間違いないと考えられます。


★乳房が変わる

乳首が敏感になり、服を着替えるときなどに下着に触れると、チクチクと痛いように感じたり、乳腺の発育で緊張感を感じることがあります。
また、妊娠するとホルモンが変化してメラニン色素が増えるために、乳首やそのまわりの乳輪が黒ずんできたりします。


★シミ、ソバカスが目立ってくる

これもメラニン色素の増加によるものです。妊娠するとシミやソバカスがなんとなく目立ってきたり、目のまわりが黒ずんでくることがあります。


★尿が近くなる

妊娠すると子宮が大きくなり、膀胱を圧迫するため、尿が近くなることがあります。


★おりものが増える

これは、ホルモンの関係で新陳代謝がさかんになり、膣の分泌物が増え、細胞の代謝もさかんになるためです。この場合のおりものは乳白色で多少粘りがありますが、においはあまり強くありません。


★倦怠感やイライラ

体がだるくて何もする気が起きなくなったり、わけもなくイライラして精神的に不安定になることがありますが、これもホルモン環境の変化が大きく関係しています。






結婚したら妊活前に知っておこう
【妊娠初期の過ごし方】
 妊娠1ヶ月
 妊娠2ヶ月
 妊娠3ヶ月
 妊娠4ヶ月
【妊娠中期の過ごし方】
 妊娠5ヶ月
 妊娠6ヶ月
 妊娠7ヶ月
【妊娠後期の過ごし方】
 妊娠8ヶ月
 妊娠9ヶ月
 妊娠10ヶ月
出産について
産後の赤ちゃんとママの1週間
お役立ち情報
病院にかかる費用
出産にかかる費用
入院生活に必要なもの
ベビー用品チェックリスト
赤ちゃんの名前について
赤ちゃんの体調チェックポイント
プレママのためのヘルシー講座
つわりを乗り切る五つのポイント
夫も知っておくべき妊婦の気持ちと状態
妊娠に関するQ&A
先輩ママの体験談
働く女性を保護する法律
妊娠・出産の用語解説
妊活ツール
排卵日・生理日計算機
妊娠週数計算機
全国の婦人科検索
バイオリズム
BMI計算機



Copyright (C)2015. 初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報! All rights reserved.