初めて妊娠されたママのために妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報を満載していますので、生まれてくる赤ちゃんのために活用されてください

マタニティ・授乳服
ベビー服・ベビー用品
子ども服・子ども用品
内祝いギフト


【体の異常と病気(妊娠初期編)】
子宮外妊娠


受精卵が子宮内腔以外の場所に着床して発育することを、子宮外妊娠といいます。子宮以外で着床することを全て含めて「子宮外妊娠」といいますが、着床した場所で言い方が変わることもあります。

一般的に、子宮外妊娠の98%が卵管妊娠だといわれており、残りの2%が「卵巣妊娠」「子宮頸管妊娠」まれに「腹腔妊娠」が見られるようです。




★原因

子宮外妊娠が引き起こる原因は、まだよくわかっていないようですが、卵管内に炎症が起こり卵管の通過が悪くなったり、受精卵を子宮内に運ぶ機能が低下したために、受精卵が卵管内にとどまってしまうと考えられています。

場合によってはこれといった原因がないのに起こってしまうこともあります。

そもそも、子宮外妊娠が起こるメカニズム自体も、完全に解明されているわけではないので、原因の特定や予防についてはまだ難しいのが現状のようです。



★症状

ピンク色のおりものや少量の出血が継続的に続くことが多いようです。

出はじめの頃は、出血量は多くないので、妊娠初期にありがちな少量出血と勘違いしてしまいがちです。

また、はじめは軽い下腹部痛程度ですが、子宮外に着床した受精卵が育つに従い、強い痛みに変わります。

卵管破裂が起きてしまった場合、腹腔内で大量出血し、血液がお腹の中に溜まりますので、突然の激しい腹痛とともにショック症状を起こすこともあります。

エコー検査で子宮内に胎嚢が確認されるまでは症状に気を付けましょう。



★早期発見が大切

子宮外妊娠は予測したり予防できないものですので、兆候から早期発見することが何よりも大切です。

エコー検査をしっかりと受ければ、早期発見をし、卵管破裂を防止することは可能です。市販の妊娠検査薬で陽性が出たら、できるだけ早く産婦人科を受診し、胎嚢が確認できるまでは小さな症状のサインを見逃さないよう心がけましょう。



★治療

子宮外妊娠の治療法としては、程度によって異なりますが、次のようなものがあります。
早期発見の場合には、
●待機療法(待機して経過をみる)
●薬物療法(手術ができない際)
などがあるようです。

ただし、子宮外妊娠とわかり、そして、腹腔に出血している場合は、出血を止めるためにすぐに開腹手術をし、出血している間の卵管を取り除きます。

残念ながら、現在でも予防する方法は解明されていませんので、急激な強い下腹部痛がおこったら、すぐに病院で診察を受けられることです。







結婚したら妊活前に知っておこう
【妊娠初期の過ごし方】
 妊娠1ヶ月
 妊娠2ヶ月
 妊娠3ヶ月
 妊娠4ヶ月
【妊娠中期の過ごし方】
 妊娠5ヶ月
 妊娠6ヶ月
 妊娠7ヶ月
【妊娠後期の過ごし方】
 妊娠8ヶ月
 妊娠9ヶ月
 妊娠10ヶ月
出産について
産後の赤ちゃんとママの1週間
お役立ち情報
病院にかかる費用
出産にかかる費用
入院生活に必要なもの
ベビー用品チェックリスト
赤ちゃんの名前について
赤ちゃんの体調チェックポイント
プレママのためのヘルシー講座
つわりを乗り切る五つのポイント
夫も知っておくべき妊婦の気持ちと状態
妊娠に関するQ&A
先輩ママの体験談
働く女性を保護する法律
妊娠・出産の用語解説
妊活ツール
排卵日・生理日計算機
妊娠週数計算機
全国の婦人科検索
バイオリズム
BMI計算機



Copyright (C)2015. 初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報! All rights reserved.