初めて妊娠されたママのために妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報を満載していますので、生まれてくる赤ちゃんのために活用されてください

マタニティ・授乳服
ベビー服・ベビー用品
子ども服・子ども用品
内祝いギフト


【体の異常と病気(妊娠初期編)】
胞状奇胎


俗に「ぶどうっ子」ともいわれ、日本をふくむ東南アジアに多い妊娠の異常です。本来、胎盤のもとになるはずの絨毛が変化して、そのひとつひとつが粒状になり、子宮内にぶどうの房が充満したようになるのが胞状奇胎といわれるものです。

この場合、胎児は発育せず、死亡して消えてなくなってしまいます。
高年の経産婦に比較的多いといわれています。
原因は今のところよくわかっていないようですが、最近では染色体の異常との関係も指摘されています。

胞状奇胎は知名度の低い病気ですが、そのままにしておくと母体にも悪影響が出てくる可能性が多いので、妊婦さんにはぜひ知っておいてほしい病気のひとつです。

正常妊娠 
 
 
胞状奇胎
 





★症状

受精後、受精卵が子宮内膜に着床し、発達するときに異常があらわれてくるので、妊娠初期の妊娠2〜4ヶ月頃から徐々に症状が現れてきます。

妊娠4、5週ごろから少量の出血がだらだらと続くことが多く、下腹部の痛みはありません。
また、つわりが強く長く続き、妊娠悪阻(にんしんおそ)のような状態になり、食べものを受け付けなくなることがあります。

子宮が異常に大きくなるのも胞状奇胎の特徴です。たとえば妊娠12週ごろで、20〜24週ぐらいの大きさに膨らむこともあります。
そして、妊娠週数が進んでも胎児の心音が聞かれなかったり、胎動が感じられなかったりします。

最近では、超音波検査により早期に異常が発見できるようになったので、これらの症状に覚えがある場合は、すぐに病院を受診しましょう。





★治療

胞状奇胎も、超音波断層法によって、妊娠5、6週くらいの早い時期でも正確に診断できるようたようです。また、尿中に排泄される絨毛性ゴナドトロピン(HGC)というホルモンの定量をはかるのも診断のために必要な検査です。
治療としては、胞状奇胎を摘出することが第一で、手術が行われます。

@ 部分的な除去手術(子宮内容除去手術)
流産手術と同じ要領で、胞状奇胎の部分だけを除去する手術です。1回目の手術が終わった後1週間ほど日をあけて、2、3回に分けて再手術を行うこともあります。胞状奇胎妊娠後は絨毛ガンが発生する可能性もあるので、術後は長期の経過観察が必要になります。

A 子宮全摘出手術
40歳以上は胞状奇胎を除去した後に絨毛ガンを患うリスクが高いため、もう妊娠を希望しない場合には胞状奇胎を子宮ごと摘出する手術を行います。







結婚したら妊活前に知っておこう
【妊娠初期の過ごし方】
 妊娠1ヶ月
 妊娠2ヶ月
 妊娠3ヶ月
 妊娠4ヶ月
【妊娠中期の過ごし方】
 妊娠5ヶ月
 妊娠6ヶ月
 妊娠7ヶ月
【妊娠後期の過ごし方】
 妊娠8ヶ月
 妊娠9ヶ月
 妊娠10ヶ月
出産について
産後の赤ちゃんとママの1週間
お役立ち情報
病院にかかる費用
出産にかかる費用
入院生活に必要なもの
ベビー用品チェックリスト
赤ちゃんの名前について
赤ちゃんの体調チェックポイント
プレママのためのヘルシー講座
つわりを乗り切る五つのポイント
夫も知っておくべき妊婦の気持ちと状態
妊娠に関するQ&A
先輩ママの体験談
働く女性を保護する法律
妊娠・出産の用語解説
妊活ツール
排卵日・生理日計算機
妊娠週数計算機
全国の婦人科検索
バイオリズム
BMI計算機



Copyright (C)2015. 初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報! All rights reserved.