初めて妊娠されたママのために妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報を満載していますので、生まれてくる赤ちゃんのために活用されてください

マタニティ・授乳服
ベビー服・ベビー用品
子ども服・子ども用品
内祝いギフト


【定期健診の受け方】
定期的に行われる検査


毎回の定期健診で行われる検査の内容や回数は、各病院によって多少違いはありますが、だいたい次のような検査が行われます。




★内診

内診とは、膣内に膣鏡や手指を入れ、内性器(子宮や卵巣などの位置や大きさなど)の様子を観察するものです。初診の際には必ず行われます。
また、30歳以上の人には子宮がんの検診をするところも多くなっています。
その後は、病院によっては毎回行うこともありますが、10ヶ月になるまで行わないこともあります。いずれにせよ、予定日が近くなったら、子宮口の開き具合をみるために必ず行われます。


★尿検査
初診の際には妊娠の有無を調べるのに尿検査をしますが、定期健診では尿に糖やタンパクがでていないかどうか調べます。
尿糖は糖尿病の早期発見のために、尿タンパクは妊娠中毒症の早期発見のために行われます。糖もタンパクも1回出たからといってすぐに異常というわけではありませんが、注意が必要です。医師の指示をよく守りましょう。


★血圧測定

高血圧か低血圧かを知るために測定するのですが、特に妊娠中毒症を早く知るのに役立ちます。最高血圧が140ミリHg、最低血圧が90ミリHgを超えると妊娠中毒症が心配されます。


★胎児心音の検査

妊娠11週ごろから、超音波ドプラー法で赤ちゃんの心臓の音を聞くことができます。医師は心拍数やそのリズムに異常がないかどうか確認します。
ドク、ドク、ドクという音はお母さんにも聞こえるので、赤ちゃんの元気な様子が伝わってくるようだと毎回楽しみにしている人も多いようです。


★体重測定

体重の増加が順調かどうか調べます。妊娠中期以降に妊婦の体重が1週間に500グラム以上増えると、むくみ(妊娠中毒症)あるいは肥満の兆しとして注意が必要です。


★腹囲・子宮底長(しきゅうていちょう)の測定

妊娠5ヶ月くらいになるとだんだんおなかが大きくなってきます。そこで、腹囲(おへその周り)や子宮底長(恥骨の上縁から子宮の上端までの長さ)を測定して子宮や赤ちゃんが順調に大きくなっているかどうかを調べます。


★浮腫(むくみ)の検査

医師がすねを押して浮腫の有無を調べます。妊娠中毒症のチェックのために必要な検査ですが、それ以外に妊娠子宮の圧迫による浮腫や、立ち仕事などで長時間立っていたあとにみられる浮腫もあります。医師の指示に注意しましょう。






結婚したら妊活前に知っておこう
【妊娠初期の過ごし方】
 妊娠1ヶ月
 妊娠2ヶ月
 妊娠3ヶ月
 妊娠4ヶ月
【妊娠中期の過ごし方】
 妊娠5ヶ月
 妊娠6ヶ月
 妊娠7ヶ月
【妊娠後期の過ごし方】
 妊娠8ヶ月
 妊娠9ヶ月
 妊娠10ヶ月
出産について
産後の赤ちゃんとママの1週間
お役立ち情報
病院にかかる費用
出産にかかる費用
入院生活に必要なもの
ベビー用品チェックリスト
赤ちゃんの名前について
赤ちゃんの体調チェックポイント
プレママのためのヘルシー講座
つわりを乗り切る五つのポイント
夫も知っておくべき妊婦の気持ちと状態
妊娠に関するQ&A
先輩ママの体験談
働く女性を保護する法律
妊娠・出産の用語解説
妊活ツール
排卵日・生理日計算機
妊娠週数計算機
全国の婦人科検索
バイオリズム
BMI計算機



Copyright (C)2015. 初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報! All rights reserved.