初めて妊娠されたママのために妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報を満載していますので、生まれてくる赤ちゃんのために活用されてください

マタニティ・授乳服
ベビー服・ベビー用品
子ども服・子ども用品
内祝いギフト


【定期健診の受け方】
定期健診を通じて医師と信頼関係を築く


妊娠したら初診から出産まで、十数回も定期健診に通うことになります。安心してお産にのぞむためにも、その間に医師との信頼関係をつくっていくようにしましょう。



★気がかりはそのままにしないこと

出産までの長い期間には、体にいろいろなことが起きて、あれこれと気がかりが多いものです。定期健診を不安解消に役立てない手はありません。

特に妊娠初期は一ヶ月に一回という間をおいたペースで健診が行われるので、健診のときは、医師との積極的な対話を心がけましょう。また、心配なことがおきたら、健診以外にも受診しましょう。


★質問はメモにして

短い診察時間の中で、長々と質問するのは次の患者さんに迷惑ですし、なかには、医師と面と向かうと上がってしまってうまく話せないという妊婦さんもいるかもしれません。

短い時間の中で、医師と上手にコミュニケーションをとるにはメモを利用するのが効果的です。ふだんから気がかりなことをメモしておいて、健診のときに医師に見せるようにしましょう。


★メモは診察の前に

質問するタイミングというのはなかなか難しいものです。質問しようと思いながら機会を逃してしまい、あっという間に診察が終ってしまったということがないよう、質問のメモは診察前に渡しておきましょう。

母子健康手帳の質問を書く欄に記入したり、別紙に書いたものを母子健康手帳に添付するなどして、診察券といっしょにメモを前もって提出しておくと便利です。そうすれば医師も妊婦の気がかりや不安を念頭において診察してくれますから、的確なアドバイスが受けられるはずです。






結婚したら妊活前に知っておこう
【妊娠初期の過ごし方】
 妊娠1ヶ月
 妊娠2ヶ月
 妊娠3ヶ月
 妊娠4ヶ月
【妊娠中期の過ごし方】
 妊娠5ヶ月
 妊娠6ヶ月
 妊娠7ヶ月
【妊娠後期の過ごし方】
 妊娠8ヶ月
 妊娠9ヶ月
 妊娠10ヶ月
出産について
産後の赤ちゃんとママの1週間
お役立ち情報
病院にかかる費用
出産にかかる費用
入院生活に必要なもの
ベビー用品チェックリスト
赤ちゃんの名前について
赤ちゃんの体調チェックポイント
プレママのためのヘルシー講座
つわりを乗り切る五つのポイント
夫も知っておくべき妊婦の気持ちと状態
妊娠に関するQ&A
先輩ママの体験談
働く女性を保護する法律
妊娠・出産の用語解説
妊活ツール
排卵日・生理日計算機
妊娠週数計算機
全国の婦人科検索
バイオリズム
BMI計算機



Copyright (C)2015. 初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報! All rights reserved.