初めて妊娠されたママのために妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報を満載していますので、生まれてくる赤ちゃんのために活用されてください

マタニティ・授乳服
ベビー服・ベビー用品
子ども服・子ども用品
内祝いギフト


【妊娠5か月(16〜19週)】
母親学級に参加する


母親学級の参加者に参加してよかったことは何かと聞くと、新しい友だちができたこと、という答えが多く返ってきます。お産の知識を得るだけでなく、情報交換の場としても母親学級は有益です。



★役に立つ知識を学べる母親学級

母親学級では、お産に対するおそれや不安を軽くするために、妊娠や出産・赤ちゃんの世話などについて、正しい知識と実際に役立つことを教えてもらうことができます。

●受講時期
それぞれの母親学級で指定する場合もありますが、一般には、つわりや流産の危険がなくなり、安定してくる5〜7ヶ月くらいを選びます。

場所
なるべく自分がお産をする施設や、近くの保健所がいいでしょう。母子健康センターなどでも行っています。

●費用
病院の妊婦指導の一環としてやっている場合、公的機関でやる場合には無料ですが、学級運営に必要な経費を徴収することも多くなっています。

受講回数
一般に一回二時間ほどの講習で、8〜10科目を4〜6回に分けて受講します。

●指導する人
産科医、小児科医、助産婦、保健婦、栄養士、歯科医など

●母親学級のメリット
妊娠、出産・赤ちゃんの世話についての不安を軽くし、心の準備ができます。
また、参加している人たちに声をかけ、友だちをつくったり、情報交換したりするいいチャンスです。

●受講内容
母親学級ごとに細かいプログラムは違います。だいたい、妊娠や出産の知識・新生児の取り扱いといったことが中心になります。
説明には、ビデオやスライド、映画などを用いることころもあり、わかりやすいようにくふうされています。新生児の取り扱いは人形を使って実習したりします。妊婦体操や呼吸法は、実際に1人ずつ練習を見てもらえるところも多いようです。





★病院・産院の母親学級

大きな病院や産院では、その施設で出産を希望する妊婦さんを対象に母親学級を開いていることがあります。
日時はあらかじめ指定されることが多いので、確認してから参加するようにしましょう。

自分をみてもらっている産科医や、これから赤ちゃんをみてもらう小児科医から直接話を聞いたり、質問したりすることができるいいチャンスです。
カリキュラムの中に、分娩室や病室、新生児室などの院内案内が組み込まれているところもあり、参考になるでしょう。



★保健所の母親学級

各市区町村の保健所で行われている母親学級は、地域に密着しているので、近所の友だちも見つけやすいでしょう。また、産後の育児指導や子育て学級などへのつながりもできます。

歯科検診を無料で行ってくれるところもあるので、なかなか歯科医にみてもらうチャンスのない人にはいい機会です。妊娠中の歯磨き指導や、赤ちゃんの歯についての話をしてくれるところもあります。



★父親学級・両親学級

父親を対象に、分娩の経過や新生児の取り扱いを学ぶ講習も増えています。保健所や病院のほかに、デパートやメーカー主催によることもありますので、地域の催しの案内に気をつけておくとよいでしょう。

夫立会い分娩を実施している施設では、父親にも呼吸法の勉強をしてもらい、お産のときに上手くリードできるよう練習してもらうようです。
夫にも妊娠・出産への理解を深めてもらうことは、妊婦にとって何より心強いことです。






結婚したら妊活前に知っておこう
【妊娠初期の過ごし方】
 妊娠1ヶ月
 妊娠2ヶ月
 妊娠3ヶ月
 妊娠4ヶ月
【妊娠中期の過ごし方】
 妊娠5ヶ月
 妊娠6ヶ月
 妊娠7ヶ月
【妊娠後期の過ごし方】
 妊娠8ヶ月
 妊娠9ヶ月
 妊娠10ヶ月
出産について
産後の赤ちゃんとママの1週間
お役立ち情報
病院にかかる費用
出産にかかる費用
入院生活に必要なもの
ベビー用品チェックリスト
赤ちゃんの名前について
赤ちゃんの体調チェックポイント
プレママのためのヘルシー講座
つわりを乗り切る五つのポイント
夫も知っておくべき妊婦の気持ちと状態
妊娠に関するQ&A
先輩ママの体験談
働く女性を保護する法律
妊娠・出産の用語解説
妊活ツール
排卵日・生理日計算機
妊娠週数計算機
全国の婦人科検索
バイオリズム
BMI計算機



Copyright (C)2015. 初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報! All rights reserved.