初めて妊娠されたママのために妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報を満載していますので、生まれてくる赤ちゃんのために活用されてください

マタニティ・授乳服
ベビー服・ベビー用品
子ども服・子ども用品
内祝いギフト


【妊娠8か月(28〜31週)】
この時期のポイント


定期健診が二週間に一度になります。もしこの時期に早産しても、赤ちゃんの内臓や器官はだいぶ育っているので、育つ可能性はあります。
しかし、赤ちゃんにとっては生死をまたぐ岐路になりますから、無理や不注意から早産を招かないようにしましょう。

●塩分控え目な食生活を

●入院の準備をする

●動作はゆっくり慎重に

●適度に体を動かす

●乳首の手入れをする

●里帰り出産をする人は準備を

●貧血に注意する

●妊娠中毒症に注意する

●そろそろ名前を考え始める



★母体の変化

子宮はますます大きくなり、子宮底長は約27〜29cmになります。

胃や心臓などが押し上げられたような感じになり、食べ物がつかえて、すぐにおなかがいっぱいになったように感じられることがあります。

おなかがだいぶせり出してくるので、姿勢も自然にそりぎみになり、腰や背中が痛くなったり重たく感じたりして、疲れやすい、だるいという症状も出やすくなります。夕方になると多少のむくみが出る人も多い時期。家事の合間に一日一回は横になりましょう。

また、大きくなるおなかのために皮下組織が断裂し、妊娠線となって出ることが多いものです。妊娠線は赤紫の筋(新妊婦線)ですが、産後、銀色や白色の線(旧妊婦線)になってきます。

★赤ちゃんの成長

おなかの赤ちゃんもこのころになると、皮下脂肪がついてきてしわが減ってくるので、いわゆる赤ちゃんらしくなってきます。この時期の終わりには、身長約40p、体重約1700gになります。

そして今までお母さんのおなかの中で自由に動き回っていた赤ちゃんも、間近な出産を察したかのように位置を定めようとし、ふつうは頭が重たいために頭を下にした胎位をとります。

そうしながらも動きはますます活発になり、筋力や神経の発達も著しくなるので、お母さんのおなかを強くけったりします。

聴覚や心臓などの器官の発達もほぼ完成に近づくので、外からの強い刺激に反応することがあります。






結婚したら妊活前に知っておこう
【妊娠初期の過ごし方】
 妊娠1ヶ月
 妊娠2ヶ月
 妊娠3ヶ月
 妊娠4ヶ月
【妊娠中期の過ごし方】
 妊娠5ヶ月
 妊娠6ヶ月
 妊娠7ヶ月
【妊娠後期の過ごし方】
 妊娠8ヶ月
 妊娠9ヶ月
 妊娠10ヶ月
出産について
産後の赤ちゃんとママの1週間
お役立ち情報
病院にかかる費用
出産にかかる費用
入院生活に必要なもの
ベビー用品チェックリスト
赤ちゃんの名前について
赤ちゃんの体調チェックポイント
プレママのためのヘルシー講座
つわりを乗り切る五つのポイント
夫も知っておくべき妊婦の気持ちと状態
妊娠に関するQ&A
先輩ママの体験談
働く女性を保護する法律
妊娠・出産の用語解説
妊活ツール
排卵日・生理日計算機
妊娠週数計算機
全国の婦人科検索
バイオリズム
BMI計算機



Copyright (C)2015. 初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報! All rights reserved.