初めて妊娠されたママのために妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報を満載していますので、生まれてくる赤ちゃんのために活用されてください

マタニティ・授乳服
ベビー服・ベビー用品
子ども服・子ども用品
内祝いギフト


【妊娠8か月(28〜31週)】
動悸・息切れ(気になる不快症状)


妊娠後期の動悸や息切れは、大きくなった子宮に臓器が押されることからくる生理的なものが多いのです。

妊娠後期、たとえば32週にもなると胎児の身長は46cm、体重は2400〜2700gというのが平均値になり、これだけ大きくなった胎児にお母さんの横隔膜は4cmも押し上げられています。



その影響で肺も圧迫され、動悸や息切れを感じるようになります。

心臓の位置も多少倒れたような位置になるうえに、妊娠前に比べると血液の量も40パーセントぐらい増えた状態となります。

当然心臓の血液を送り出す仕事量が増えるのも動悸の原因です。

これらの症状は、日常の動作に支障のない程度のものなら、生理的なものと考えてよく、対処のしかたとしてはこれ以上心臓に負担をかけないという意味で、日常動作をゆっくりおだやかに行うようにします。

たとえば、急に立ち上がったり、重いものを持ったりするようなことは避けます。特に階段の上り下りは手すりにつかまってゆっくりとしましょう。

少し強い症状が出たときは、大きく深呼吸をするとだいぶ楽になるはずです。楽な姿勢をとって休息をとるのもいいでしょう。

仰向けになると苦しいときには、右側を下にして心臓に負担がかからないようにして休むとよいでしょう。

しかし、貧血や高血圧、心臓病、ビタミンB1不足からくる動悸や息切れもありますが、これらは病的なもので、その多くはめまいやむくみをともないます。

まず、医師の指示に従いましょう。また妊娠高血圧症候群症のひとつとしてあらわれることもあります。この場合は高血圧もともないますから、まず医師の診断を仰ぎ、指示に従います。







結婚したら妊活前に知っておこう
【妊娠初期の過ごし方】
 妊娠1ヶ月
 妊娠2ヶ月
 妊娠3ヶ月
 妊娠4ヶ月
【妊娠中期の過ごし方】
 妊娠5ヶ月
 妊娠6ヶ月
 妊娠7ヶ月
【妊娠後期の過ごし方】
 妊娠8ヶ月
 妊娠9ヶ月
 妊娠10ヶ月
出産について
産後の赤ちゃんとママの1週間
お役立ち情報
病院にかかる費用
出産にかかる費用
入院生活に必要なもの
ベビー用品チェックリスト
赤ちゃんの名前について
赤ちゃんの体調チェックポイント
プレママのためのヘルシー講座
つわりを乗り切る五つのポイント
夫も知っておくべき妊婦の気持ちと状態
妊娠に関するQ&A
先輩ママの体験談
働く女性を保護する法律
妊娠・出産の用語解説
妊活ツール
排卵日・生理日計算機
妊娠週数計算機
全国の婦人科検索
バイオリズム
BMI計算機



Copyright (C)2015. 初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報! All rights reserved.